スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山で暮すよろこび

あさ あるじが窓際で外を見つめている

なに?

一緒に外の木を見つめる・・・

あ・・・・木の枝に鳥がたくさんいる

群れだ・・・

ついこのあいだ 

木の上で「カチッ」と音を鳴らす不思議な鳥がいるんだよと

山の師匠に聞いたところ

群れで嘴が大きければ「シメ」かな?

と教えてもらった

木の実なんかを嘴で割る音のようだ

その「シメ」の群れがガラス越しの木に

鈴なり・・・

あるじが戦闘態勢になったが

ガラス越しやし・・・木の上やん

しばらく眺めていると・・・

すごい勢いで何かが「シメ」の群れにきりこんだ

一斉に飛び立つ「シメ」

森に住む猛禽類の「ハヤブサ」が狩りをしたのだ

狩りを見たのははじめて

一瞬息ができなかった

1羽連れ去られたようだった

そして昨夜は・・・

ホウホウ・・ホホッホホウホウ

ホウホウ・・ホホッホホウホウ

2羽のフクロウが呼び合い

話している

どんな相談なんだろう・・・
スポンサーサイト

コロコロ コロコロ・・・・・

文庫のopenday 今日は羊毛で何作る?

羊毛ボールを作っていると

あるじ私の手元に釘付け・・・

コロコロ コロコロ コロコロ

転がしてみる

スライディングでキャッチ!!!

高くあげてみる

爪で引っかかるので

ナイスキャッチ!!!

延々と続く 羊毛ボールとあるじの格闘

木の実も紐も好きだけど

羊毛ボールに勝るものは無い様子
 
子供たちも おかぁさんたちも

おしゃべりしながら コロコロ

お弁当たべたあとも コロコロ

ゆっくりコロコロ

止まらずコロコロ

出来上がった羊毛ボール

おうちでどんな作品に仕上がるか

お楽しみ・・・・

冬は手仕事が楽しいね

循環

大寒に山の手入れをはじめた

葉が落ちてしまった木々たちの

息をひそめた様子が寒さの中伝わってくる

小枝を小さく切り木の根元に寄せておく

落ち葉の堆肥場も作る

もちろん

動物たちのため

太い木は薪にいただく自分たちのため

薪を燃したあとの灰は

畑にいれよう

捨てるものは何もない


循環する暮らしが目指すところ

もう一つの目指すところ・・・

猫のあるじと犬のコロちゃんが

仲良く暮らせる日がいつかやってくるのかな?

今日も家の扉1枚隔てて

外ではコロちゃん

中ではあるじ

コロちゃんは友好条約を結ぼうとトライ!

あるじは戦闘態勢

ワン友ニャンとも・・・・

素敵な雪の午後

うちのあるじは 寒さゆえ

湯たんぽいりの私の布団にもぐりこんで眠るのが日常で

布団に入れて欲しいときは

私の髪をカリカリとつめでかく

布団の入り口をもちあげると

ゆっくりお入りになる

わたしの起床時間をどうも理解されているようで

「はよ!起きなはれ!!」

という具合にカリカリぐあいもスピードをます

私の布団の抜け殻に湯たんぽでまるまるあるじ

今日はやたら「 はよ起きろ!」コールが激しいなと

眠気まなこで薪ストーブに着火

外は一面 雪景色

車で10分と少しのバイト先に・・・・

歩いて下っていくと 40分

時計とにらめっこ・・・コーヒーを入れてる場合じゃない!!

ポケットにビスケットを押し込んで

まっしろの世界に飛び出した

鳥の足跡 猫のあしあと

これは・・・イタチかな?

振り返ると真っ白の道に 自分の足跡が面白い

こんな朝もいい

午後雪はふれど積もることなく

薄日がさす

ご近所の陶芸家の家族が散歩がてら寄ってくれた

kuma君・TOMUさん・ジュンコさんの英語のやり取りが

耳にここちよい

素敵な雪の午後


ごくらくごくらく

冬のきりっとした寒さの中で

日差しの暖かさをほんとにありがたいと感じる

寒さはこれからまだまだ勢いをますのだろうけれども

時折見せてくれるお日様の様相は

「春」の尻尾の先の先くらいかな?

冬至を過ぎてから

ここ最近 なんだか日が長くなったね・・・

1歩ずつ春に近づいているんだな

穏やかな天気の午後は鳥たちの声も楽しげ

久しぶりの子供たちが

にわか雪の中を走っている

犬のコロちゃんも一緒に・・・

わがやのあるじは

湯たんぽのこたつのなかでま~るくなる

ニャンとも ごくらくごくらく・・・・ 

雨の山

久しぶりに雨の山を歩きたくなった

もちろん一人で・・・


鳥たちが雨宿りしている場所の賑やかなこと・・

水が少なくなっていた場所に

小さな川が出来始めて

そこに音が生まれてる

10年ほど前 雨の中歩いた屋久島

木々が雨粒を吸い

森が大きな傘になる

雨の山は

いつもと違う世界を見せてくれる

雨で人の気配が消えるのか

間近に小鹿が歩いている

ただいま・・・

出稼ぎから山に帰る

疲労感と充実感のMIX

人が休むあいだにつめて働く

こんな年末年始の暮らし方をはじめてもう6年がすぎる

ことしの夏施設は閉館するらしい

施設最後のお正月を沢山の宿泊のお客様でしめくくった

最終日

掃除を終えて最後に 古い業務用のコーヒーメーカーを磨いた

お世話になりました

いい仕事が出来ました
 
山にあがる坂道で犬のコロちゃんがお出迎え

車の前に立ちはだかって

犬語でお話

どこいっとったん?

待っとったんやで

も~ほんまに

10日ぶりに会うコロちゃん

どうにかこうにか道をあけてくれたので

走り出すと

バックミラーには猛ダッシュで追いかける

コロちゃんの姿がありました

待っていてくれるひとがいるって

やっぱりうれしい

玄関に 鹿の足の骨が・・・

きっとコロちゃんが見せたかったんだろうな・・・

ただいま・・・

今日から少しゆっくり 山ペースに戻ります
プロフィール

じじのしっぽ

Author:じじのしっぽ
ひめじ森のおおきな木・コゲラ文庫の活動の様子を綴ります
黒猫ジジの同居人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!コゲラ文庫
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。