スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カエルとイーグル』 ばったり屋通信

  地球が震えて

  たくさんのいのちが失われた日から4年。

  まだ我が家に帰れない人たちも

  日々の暮らしに不安を抱きながら

  幼子を育てておられる方々もいる。

  あの日、母なる大地はなにを思ったのだろう。

  残されたわたしたちは、母の声を聴いただろうか。

  悲痛な声を聴けただろうか。


  依然、この大地の上にある国はお金で買える豊かさを目指したまま

  のぼり続けることに万進するようで

  誰かが泣くことで笑える社会をあらためることもしない。

  わが子のそんな姿を

  病んだ母はどう受け止めるだろう。


  放蕩息子の今が正念場。

  大きな経済を棄て、

  ともに笑い、ともに泣く、おおきな和を志す時代の同士が

  この大地のうえにたくさんの足音を響かせて

  母を助けたい。

  

  

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

じじのしっぽ

Author:じじのしっぽ
ひめじ森のおおきな木・コゲラ文庫の活動の様子を綴ります
黒猫ジジの同居人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!コゲラ文庫
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。