スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ジャンピング・マウスの物語~によせて・・・・追記

       DSCN3379.jpg


  「ジャンピング・マウスの物語」は、冒頭で主人公の小さな野ねずみが
 ゴーゴーとうなる不思議な音を聴いて、そのことから物語が始まる。
  ぼく自身この物語に出逢った時というのは、不思議と自分の耳の中で
 も「ゴーゴーとうなる音」と言えるものが様々に聴こえていたように思う。
 「自分とはいったい誰なのか?」、「なぜ自分はこんな日常をおくってい
 るのか?」。当時の自分には何としてもそのことを知る必要があると、
 それなくしてはその先にすすむことはできないと強く思い込んでいたよう
 なところがあって、そんな時に出逢ったのがこのお話だった。
  自分がなぜそこにいるのか、当時のぼくに、ものがたりは鏡のように映
 しだしてそのことを教えてくれた。
 
  ものがたりの不思議に触れたのも、人生でその時が初めてのことだった。
 こちらが探すのではなく、必要なものは時を外さず、ものがたりのほうから
 こちらにやって来てくれるものなのだと。ただ、それを受け取るかどうかは
 当人に委ねられているというだけのことでね・・・。

  そして、アメリカインディアンと呼ばれる人たちの言葉と、その言葉を生む
 精神のようなものに惹かれたのもその時のこと。既におとなになったつもり
 でいたぼくに、じつはぜんぜんおとなになっていなかったんだと教えてくれ
 たのがエルダーと呼ばれる年寄りたちの聞き書きで残されたいくつもの言
 葉だった。あの人たちの言葉というのは、あたまに聴こえてくるのではなく、
 こころのなかに響いていつまでも消えないのだ。

  下の言葉は、ジャンピング・マウスのおはなしと出逢った頃に、友だち伝
 いに当時のぼくのところにやってきたもの。書き写したものを持ち歩いたり
 なんかして、ずいぶんお世話になった。ネットで検索したら結構出ていて、
 オライア(もしくはオリア)・マウンテンドリーマーという人の『招待』もしくは
 『誘い(いざない)』というものらしい。訳はだいたい二通りあって、いずれも
 訳者のクレジットはない。訳者不明。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  あなたが 何で生計をたてていようと

  わたしには 興味はない

  知りたいのは むしろ

  あなたが 何に胸を痛めているか

  そして あこがれとのであいを夢見る勇気をもっているかどうかだ

  あなたが いくつだろうと

  わたしには 興味はない

  知りたいのは むしろ

  あなたが 愚か者にみえるのも覚悟のうえで

  あえて愛を 夢を生きるという冒険を求めるかどうかだ

  あなたの星座が 何だろうと

  わたしには 興味はない

  知りたいのは むしろ
 
  あなたが あなた自身の 悲しみの中心に触れたかどうか

  そして 人生の裏切りによって 心をひらかれたかどうか

  それとも 縮みあがり さらなる苦痛をおそれて

  心を閉ざしてしまったのかだ

  わたしの苦痛だろうと あなたの苦痛だろうと かまわない

  あなたが 苦痛に耐えられるかどうか

  そして 苦痛をかくしたり うすめたり とりつくろったりするために

  じたばたせずにいられるのかどうか知りたい

  わたしのよろこびだろうと あなたのよろこびだろうと かまわない

  あなたが よろこびと ともに居られるかどうか 知りたい

  あなたが 野生とともに 踊り 手足のさきまで歓喜に満ちて

  わたしたちに 用心せよ とか  現実的になれとか

  人間の限界を思い出せなどと 

  警告せずにいられるかどうか 知りたい

  あなたが 話していることが ほんとうかどうか

  わたしには 興味はない

  知りたいのは むしろ

  あなたが 他人を落胆させることをおそれずに

  自分に正直になれるのかどうか

  そして 裏切ったと非難されても耐え

  自分自身の魂を 裏切らずにいられるかどうかだ

  あなたが 誠実で

  それゆえに 信頼できる人間なのかどうか 知りたい

  きれいでない 日常的なもののなかに 

  美を 見出すことができるのかどうか

  そして 自分の生のみなもとは

  神の存在にあると言えるのかどうか 知りたい

  あなたが 失敗に耐え 湖のふちに立って

  銀色の月の呼びかけに 

  こたえることができるのかどうか 知りたい

  あなたが どこに 住んでいようと

  どのくらい お金を 持っていようと 

  わたしには 興味はない

  知りたいのは むしろ  

  悲嘆と絶望の夜のあと 疲れ果て

  骨の髄まで打ちのめされ それでも 起き上がり

  こどもたちの為に せねばならぬことを なし得るかどうかだ

  あなたが 何者なのか どうやって ここに来たのか

  わたしには 興味はない

  知りたいのは むしろ

  わたしと一緒に 炎の中心に立ち 尻込みしないかどうかだ

  どこで 誰といっしょに 何をあなたが学んだか

  わたしには 興味はない

  知りたいのは むしろ

  ほかの すべてが 崩壊したとき

  何が あなたを 内からささえるかだ 

  一人ぼっちでも 平気かどうか そして

  孤独なときの自分を ほんとうに好きかどうか 知りたい

  

  
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

じじのしっぽ

Author:じじのしっぽ
ひめじ森のおおきな木・コゲラ文庫の活動の様子を綴ります
黒猫ジジの同居人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!コゲラ文庫
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。