スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こうなったら素敵・・・」

火の楽しさを知ったのはいつだったかな?

私が小学生の頃

じいちゃんの家が五右衛門風呂で

引越してからはお風呂をわかす当番が時々まわって来る


薪がぱちぱち音をたてて燃えて

そのあかりで 炊き付けにおかれている本を読む

ひとりの空間がなんだか好きだった
 
小さい頃の記憶 そのときの匂いや風景って

きっと一生涯 忘れない 染み付いているんだろうな

火は不思議 原始の記憶が呼び戻されるのかな?

薪をくべる・・・食べ物を焼いていただく

この薪はどこの木か?

わかって使えることってすごいこと

冬にむかっていよいよ薪ストーブがはいる

我が家のエネルギー源

木々に感謝


仲間が友人を連れて訪れてくれた

「こうなったら素敵だな・・・」

想像してた通りになってびっくりする

インディアンフルート奏者のポールワグナー氏と

夕暮れの池のほとりに立つ

英語の話せない私をみて

池の前でごくごくと飲む真似をしてくれた彼

この池の呼び名を

ポール氏になずけ親になってもらうことに・・・

大地につながる人たちの訪れは

この場所を 元気にする

子どもたちの笑い声

大人たちの笑い声

こころよい音楽

山々がよろこんでいるよ

こうなったら素敵だな・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

じじのしっぽ

Author:じじのしっぽ
ひめじ森のおおきな木・コゲラ文庫の活動の様子を綴ります
黒猫ジジの同居人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!コゲラ文庫
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。