スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コゲラ文庫 第1回先人の知恵を学ぶ会 報告

  『山から時代を眺めた人の話 & 杉玉づくりワークショップ』            



       DSC03074.jpg

昔なくて、今あるもの。

今なくて、昔あったもの。

今、聴いておかなければ 消えてしまうものもある。

ぼくたちが聴いて、それを伝えることで、次の世代、次の次の世代の助けになることもあるだろう。


お年寄りの声に耳を傾けるのは、図書館に行くようなもの。

それは教科書ではなくて、生きた歴史に出会いに行くこと。

この度 杉玉ワークショップをお引き受け下さった 久保 常次・清美夫妻もそんなお二人。

始終 しずかで、やさしくて、ひかえめなお人柄。

そんなお二人がきかせて下さったのは、先代から引き継いだ京都加茂川源流の山を守っていく、決して楽ではなかったろう 久保家の半世紀のドラマだった。


               PB170231.jpg




 お二人の言葉をおききしていると、山を愛してるんだなぁとわかってしまう。

なんでもお金で買える時代に、お金じゃないんよ・・・とさらっと笑顔で言えるのは、お二人がご苦労された日々の暮らしの中で、つよく、やさしくなられたからだろう。そして、そこにはいつも雲が畑の山があった。


ワークショップも含め、お天気に恵まれ、かつらぎの山の神も歓迎して下さったかと思う。

今回の呼びかけに答えて、集まって下さった方々(皆さんがいてくれたから会が開けたのですよ!)、遠方より駆けつけて下さった、つねさん・清美さんに感謝。(きよみさん!おはぎご馳走様!ほっぺが落ちました!)
そして、企画協力・準備から講師の送迎とまるごと買って出てくれた、前田親方にありがとう。


えっ?杉玉作りの報告の方は・・・次へ・・・              BY まる




杉玉作りのワークショップのはじまりです・・・

      PB170240.jpg

 あらかじめ作っておいて下さった芯に杉の葉をどんどん
埋め込んでいきます・・・

子ども達手伝っています。おじいちゃん家が酒屋さんで・・・
杉玉を作ってプレゼントするんだとか・・

みんな黙々と手を動かしています・・・

        

            DSC00078.jpg

杉の葉でわさわさと大きくなったら・・・・つねさん指導のもと

カットへ・・「子ども達は散髪するの?」って聞いていました


             DSC00085.jpg


子ども達もハサミを手にカットへ・・・・・


             DSC00090.jpg


これだけ並ぶと凄い迫力です!

ずっしりと重い 杉玉・・・名前つけようかな?っていってた人もいましたね・・・
これから・・どんなところで過ごすのか・・・見てみたいな・・・


                DSC00089.jpg


みなさん!お疲れ様でした!このあと・・・

清美さんの手づくりの おはぎを前に・・・みんなでお茶タイム

振り返りの中に・・ワークショップで何か作るだけでない会がよかった!

これから また京都にあそびに是非!行かせていただきたい!

・・・と嬉しいコトバがたくさんありました。

来年は是非!雲が畑へ、常さん 清美さんに会いにでかけましょう!

ありがとうございました!

                  DSCN0194.jpg



                                                 BYてん
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

じじのしっぽ

Author:じじのしっぽ
ひめじ森のおおきな木・コゲラ文庫の活動の様子を綴ります
黒猫ジジの同居人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!コゲラ文庫
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。