スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 『カエルとイーグル』 ばったり屋通信


          DSCN0540.jpg
 
      つよい風に雪が舞い、あっという間に猛吹雪。
      2015年、あけましておめでとうございます。

      今年はどんな年になるのでしょうか。世界中で日々さまざま
     なことが起きているように、わたしたちひとりひとりの内側でも
     いろんなことが起こっているのですね。世界は常に動いていて
     、ひと時も定まってはいない。わたし達自身がその絶え間ない
     変化の一部ともいえます。
      この一、二世紀ですっかり病んでしまった青い星。その青い
     大洋のかた隅にある弓形の列島のうえに築かれた日本という
     国がこれからどこへ行くのか。そのカギを握っているのが他な 
     らぬわたし達ひとりひとりということなのでしょう。
      昨年師走の衆院選での投票率は戦後最低の52%だとか。
     知り合いの20代の若者は、「どうせ俺が行っても変わらないし
     」と・・・。

      少しまえのこと、なぜだか『未来少年コナン』って急に気になり
     だして、全26話を見てしまいました。これは1978年の宮崎駿
     初監督作品なんだそうです。8才の時に見ていたのだけど、ほ
     とんど覚えてなく、原作があることに気づいてこれも読んでみま
     した(『残された人々』/アレグザンダー・ケイ著)。
      気づいたのは原作をモチーフにかなりアレンジされているのだ   
     けれど、『未来少年~』はそれ独自の物語であること。
      チーム宮崎はあの時代にすごい仕事をされたのですね。という
     のは、この作品は今この日本というクニに生きるわたし達に向け
     てつくられたように受け取られたからです。2008年に核兵器を
     超える「超磁力兵器」を使った戦争が起こり、地軸がずれ、地殻
     変動が起こり文明は海にのまれて滅びてしまう。わずかに生き
     のびた人々がそれからどう生きたかというお話。大津波が出てき   
     た時はドキッとすると同時に、この物語の底力を感じました。
      今を生きるおとな達に見てほしい。ラナやコナンの、そして描かれ
     たひとりひとりの登場人物たちが大切なことを教えてくれるはず。

      時代がかわりつつあるいま、文明が滅んださきにやってくる世界。
     作品中描かれたハイハーバーで暮らす人々の姿に学んで、わたし
     達おとなは「だって投票行ってもかわんないし」って後からやってくる
     世代に、それこそ生きている姿でもって伝えていきたいものです。

     世界はわたしたち次第。
     「こころでつよくおもうこと」
     2015年、時代の、この地球の正念場。
     よきものがたりがたくさんたくさん生まれますように!

          DSCN0541.jpg


     そうそう、『未来少年~』は2028年ころの地球が描かれています。
     コナンはだいたい12,3才。ということは、今年か来年あたり、あの
     世代が産まれてくるんだよなあ。
          
          
       

     
     
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

じじのしっぽ

Author:じじのしっぽ
ひめじ森のおおきな木・コゲラ文庫の活動の様子を綴ります
黒猫ジジの同居人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!コゲラ文庫
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。