スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごちそうさま・・・

山にあがって どんぐりの山を探す・・・

・・・・・あれ?

・・・・・あれ?

確かにここやった・・・

ない!

全部ない

ひと晩のうちにきれいにない

あ~

さぞかし美味しかっただろう

この時期に食べるどんぐり

鹿なのか?イノシシなのか?

多分バンビじゃないかな?

葉っぱの崩し具合が

バンビっぽい

ちいさな友達に連絡をいれる・・・

彼女の喜ぶ顔が目に浮かぶ

ありがとう

ちいさなともだちとの約束

ブログをよんで

小さな友達が秋からず~っと拾い集めた

「どんぐり」を山ほど抱えて

会いに来てくれた

「イノシシさんや鹿さん食べるものないの?」

春の新芽の出るまでは

かなり里の方まで降りている鹿たち

彼女からのプレゼント喜んで食べてくれるといいな

小さな友達と

やまにあがって

芽の出たどんぐりは

穴を掘って植えて

いろんなところに

節分の豆みたいにまいたり・・・

どんぐり山のおやつ場を作ったり・・・

彼女のお家では、どんぐりの苗がベランダで大きくなりつつあるらしい

昨年 彼女と山で過ごしていたときに

ほかの子は遊んでいるのに彼女はひとり座り込み・・・


「あんな・・・どんぐり植えてな

こ~んな大きな木になってな みんなで木の下で

遊ぶねん!だからな!どんぐり植えるねん」

そんな彼女に私は黙って約束をした

そんな場所きっとつくるわ!

今日も山へ・・・

雪ごもり

カーテンを開けると 雪

一面・・・白一色

黒猫のあるじが窓の外を眺めている

白と黒

空から落ちてくる雪を眺めている

伸びをしてまた

ストーブの前にまるまる

積雪10センチ

今日は一日冬ごもり

午後から雪が止んだ・・・

木々に積もった雪の塊が

屋根の上に落ちる音がする

本を読み

文章を書き

コーヒーを入れる

晴耕雨読&雪こもり

雪に包まれると

あきらめがつく

夕方雪の道を鹿に怒られながら歩く

サクサクザクザク

だれも歩いていない道

いい音!

寒!!

あたたかい日が続き 鳥の声も春を告げていた・・・

今朝 鳥の声もききとれない静寂の朝

カーテンを開けると

雪景色

寒いはず

部屋の温度計0度

数字を見ると寒さを体感するのには笑える

あるじは・・・

食べては眠り

水を飲んでは身震いしてこたつにもぐりこむ

おかげで最近あるじがひざに乗っかると

重い・・・

寒さ対策にウエイトつけてますねん・・・

今日は我が家で打ち合わせ

お客さんにはめっきり弱いあるじ

別室にてあるじ専用特設こたつが用意され

ぐっすりお休みになるあるじ

立春も過ぎ

春を目指して

いろんなことが動き出す

でも・・・・今日はやっぱり・・・

寒いニャン

 

手塩にかける・・・

1年分の味噌を仕込み終えた

計算すると2人しか住人がいないにも関わらず

15キロの味噌が消費される・・・

大豆は近くの自然農農家から譲っていただいた

人生はじめての麹つくりに挑戦

寒の井戸水は冷たい

この1週間我が子のように「こうじくん」を育てた

温度があがりすぎないように

温度が下がり過ぎないように

夜中に飛び起きることもしばしば

「こうじくん」

よい 香りと真っ白の麹花を咲かせてくれました

手塩にかける・・・って

こういうことね・・・

来年は自家産の大豆を使って手前味噌を・・・

心に誓いました


「米の神 麹神 水神様 火の神 豆の神 塩の神

合わさっしやれば

秋んなら うんまい味噌

出来ようて・・・たのもう・・・たのもう・・・」


麹つくりのあいだ

あるじは 麹箱があたたかなのを感じ

麹箱にぺったり寄り添って眠るのでした

麹の形状をみて相方が・・・

「あるじ・・トイレとまちがえるなよ」と・・・

そんなことには・・・なりませんでしたけどね

なんともニャンとも・・・
プロフィール

じじのしっぽ

Author:じじのしっぽ
ひめじ森のおおきな木・コゲラ文庫の活動の様子を綴ります
黒猫ジジの同居人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!コゲラ文庫
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。